アラサーWM。 仕事・家事・育児とバランスをとりながら上手に手を抜くのが目標です。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
読書記録「風の海 迷宮の岸」
2013-05-30 Thu 22:47
現在、内容によっても若干変わりますが、1冊2日(6・7時間)位で読破中。

基本的に、私が面白いと思った本しか読んでませんし、セレクトに偏りがあるのも重々承知してます。

なので、カテゴリの「本」に関しては、本当に私自身の読書記録です。

それをふまえた上で、気になる方はご参考にどうぞ・・・。


「風の海 迷宮の岸」小野不由美 新潮文庫

風の海

十二国記エピソード2。

蓬莱に流された幼い麒麟の成長と王選定の話。

個々のキャラクターが生き生きと描かれ、相変わらずの読み応え。

幼い麒麟が愛らしいのはもちろんだが、色々やきもきさせられ、「あともう少し」が止まらない作品。





にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
読書記録「月の影 影の海」
2013-05-30 Thu 22:28
現在、内容によっても若干変わりますが、1冊2日(6・7時間)位で読破中。

基本的に、私が面白いと思った本しか読んでませんし、セレクトに偏りがあるのも重々承知してます。

なので、カテゴリの「本」に関しては、本当に私自身の読書記録です。

それをふまえた上で、気になる方はご参考にどうぞ・・・。


「月の影 影の海」上下 小野不由美 新潮文庫

月の影  影の海

十二国記の完全版・・・という事で、読み始める。

ファンタジーでありつつ中国の時代物の感も漂わせる。

ぐいぐい引っ張ってラストまで読ませてしまう作品。

元々ライトノベル系のホワイトハートから刊行されていたが、世界観は流石の一言。

案の定、すっかりハマってしまった作品です。





にほんブログ村 本ブログへ


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
読書記録「モンスター」
2013-05-30 Thu 01:21
現在、内容によっても若干変わりますが、1冊2日(6・7時間)位で読破中。

基本的に、私が面白いと思った本しか読んでませんし、セレクトに偏りがあるのも重々承知してます。

なので、カテゴリの「本」に関しては、本当に私自身の読書記録です。

それをふまえた上で、気になる方はご参考にどうぞ・・・。


「モンスター」百田尚樹 幻冬舎文庫

モンスター

百田尚樹の作者買い。

2013年4月映画化の原作。

「永遠の0」と同じくラストまで一気読み。

バケモンと呼ばれた主人公・和子の美への執着と一人の男への狂おしいまでの情念。

美容整形によって美しく変わっていく度に周囲の様子が変わっていく様も、面白い。

そして、幸福について考えてしまうラストでした。





にほんブログ村 本ブログへ


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
読書記録「永遠の0(ゼロ)」
2013-05-30 Thu 00:45
現在、内容によっても若干変わりますが、1冊2日(6・7時間)位で読破中。

基本的に、私が面白いと思った本しか読んでませんし、セレクトに偏りがあるのも重々承知してます。

なので、カテゴリの「本」に関しては、本当に私自身の読書記録です。

それをふまえた上で、気になる方はご参考にどうぞ・・・。


「永遠の0(ゼロ)」百田尚樹 講談社文庫

永遠のゼロ

ライトな読み口のものが続いたので、読み応えアリのがっちり系をセレクト。

2013年12月映画公開の原作本。

戦争を題材に、歴史的背景をしっかりと書き込んでありながら重くなりすぎず、平和な今だからこそ“生きる意味”を問うた作品。

ぶっちゃけ、息つく暇も無く一気読み。

戦争を題材にした作品は今までに色々読みましたが、久々に胸に響く作品でした。





にほんブログ村 本ブログへ


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
読書記録「珈琲店タレーランの事件簿2」
2013-05-30 Thu 00:14
現在、内容によっても若干変わりますが、1冊2日(6・7時間)位で読破中。

基本的に、私が面白いと思った本しか読んでませんし、セレクトに偏りがあるのも重々承知してます。

なので、カテゴリの「本」に関しては、本当に私自身の読書記録です。

それをふまえた上で、気になる方はご参考にどうぞ・・・。


「珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る」岡崎琢磨 宝島社

ターレラン2

アオヤマと美星バリスタのその後が気になり、購入。

前作より内容は面白くなっていると思います。

ま、ラストは個人的には前作よりアオヤマの後頭部を叩きたい衝動にかられますが、次回作も買ってしまいそうな予感です。





にほんブログ村 本ブログへ


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ワーママの日々徒然 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。