アラサーWM。 仕事・家事・育児とバランスをとりながら上手に手を抜くのが目標です。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
読書記録「魔性の子」
2013-06-10 Mon 23:46
現在、内容によっても若干変わりますが、1冊6・7時間位で読破中。

基本的に、私が面白いと思った本しか読んでませんし、セレクトに偏りがあるのも重々承知してます。

なので、カテゴリの「本」に関しては、本当に私自身の読書記録です。

それをふまえた上で、気になる方はご参考にどうぞ・・・。


「魔性の子」小野不由美 新潮文庫

魔性

十二国記エピソード0。

教育実習で母校に戻って来た広瀬は、幼少期の1年間の記憶を失っている高里が気になる。

そして高里の回りで起きる不可解な事件。

自分の場所を探す広瀬と高里は、最後に帰る場所が見つかるのか?

十二国シリーズだと知って読むのと、一番最初にエピソード0として読むのとでは印象が違う一冊。





にほんブログ村 本ブログへ

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
読書記録「風の万里 黎明の空」
2013-06-09 Sun 01:09
現在、内容によっても若干変わりますが、1冊6・7時間位で読破中。

基本的に、私が面白いと思った本しか読んでませんし、セレクトに偏りがあるのも重々承知してます。

なので、カテゴリの「本」に関しては、本当に私自身の読書記録です。

それをふまえた上で、気になる方はご参考にどうぞ・・・。


「風の万里 黎明の空」上下 小野不由美 新潮文庫

風の万里   黎明の空

十二国記エピソード4。

国を麒麟から与えられたのに、国の事を全く知らない景王陽子。

蓬莱からやって来た海客の鈴に元芳国王の娘・祥瓊。

3人が微妙に交差し、それぞれに葛藤に羨望や嫉妬を抱きつつ幸せを探す話。

女の子の頑張る物語はやっぱり読んで楽しいです。




にほんブログ村 本ブログへ

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
読書記録「東の海神 西の滄海」
2013-06-09 Sun 00:08
現在、内容によっても若干変わりますが、1冊6・7時間位で読破中。

基本的に、私が面白いと思った本しか読んでませんし、セレクトに偏りがあるのも重々承知してます。

なので、カテゴリの「本」に関しては、本当に私自身の読書記録です。

それをふまえた上で、気になる方はご参考にどうぞ・・・。


「東の海神 西の滄海」小野不由美 新潮文庫

東の海神

十二国記エピソード3。

蓬莱生まれの麒麟と王の話。

蓬莱で知る王のせいでトラウマもちの延麒の六太。

瀬戸内海賊の若という立場を追われて生き延びた先で延王となった尚隆(しょうりゅう)。

即位して20年目に起きた謀反。

騒乱を通して知る、本当の安寧とは・・・。


馬鹿扱いされる王だが、先見や掌握力など1番王らしい王の尚隆。

人間臭い王と麒麟の話で、あっさり完読。





にほんブログ村 本ブログへ


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
読書記録「風の海 迷宮の岸」
2013-05-30 Thu 22:47
現在、内容によっても若干変わりますが、1冊2日(6・7時間)位で読破中。

基本的に、私が面白いと思った本しか読んでませんし、セレクトに偏りがあるのも重々承知してます。

なので、カテゴリの「本」に関しては、本当に私自身の読書記録です。

それをふまえた上で、気になる方はご参考にどうぞ・・・。


「風の海 迷宮の岸」小野不由美 新潮文庫

風の海

十二国記エピソード2。

蓬莱に流された幼い麒麟の成長と王選定の話。

個々のキャラクターが生き生きと描かれ、相変わらずの読み応え。

幼い麒麟が愛らしいのはもちろんだが、色々やきもきさせられ、「あともう少し」が止まらない作品。





にほんブログ村 本ブログへ


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
読書記録「月の影 影の海」
2013-05-30 Thu 22:28
現在、内容によっても若干変わりますが、1冊2日(6・7時間)位で読破中。

基本的に、私が面白いと思った本しか読んでませんし、セレクトに偏りがあるのも重々承知してます。

なので、カテゴリの「本」に関しては、本当に私自身の読書記録です。

それをふまえた上で、気になる方はご参考にどうぞ・・・。


「月の影 影の海」上下 小野不由美 新潮文庫

月の影  影の海

十二国記の完全版・・・という事で、読み始める。

ファンタジーでありつつ中国の時代物の感も漂わせる。

ぐいぐい引っ張ってラストまで読ませてしまう作品。

元々ライトノベル系のホワイトハートから刊行されていたが、世界観は流石の一言。

案の定、すっかりハマってしまった作品です。





にほんブログ村 本ブログへ


別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | ワーママの日々徒然 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。